愛人関係は互いの気持ちのボルテージを合わせること

愛人関係は互いの気持ちのボルテージを合わせること

愛人はなんだか可哀想な存在と思う人もいるかもしれませんが、愛人は欲深なものと思う人もいるかもしれません。でも愛人になる人も作る人も、大事にしないといけないものがあります。それは互いの気持ちの大きさ、ボルテージを同じに保つことです。
片方だけが大きすぎるとか少なすぎるという関係だと長続きしないし、関係が壊れて悪化することもあります。愛人関係で大事なのはいかにその状態を長く保つかです。
愛人関係はどちらかが家庭がある場合がほとんどで、そこには体の関係、お金も絡むものです。でもお互いに求めるものが与え合える関係ならばそこだけでばれないように、周りに迷惑をかけなければいいと思っています。
でも周りを巻き込んでしまうと不幸のどん底に突き落とされるものです。愛人になる女性は与えてもらうと同時に安らぎと癒し、美しさなど与えなければならないのでそれを忘れずに自分の立場を見極めながら関係を保つのが大事なポイントです。
そして男性が大事にしなければならないのが、与えすぎないことです。動じても愛人には甘やかしてしまうものですがそうすると相手は欲深なものに変化してしまい、自分が望んでいる関係とは違うものになってしまう恐れがあります。
決して壊していはいけないものがあるのを前提で、愛人関係は非常に繊細でもろくしかし甘美なものなので取り扱いには細心の注意がいるものです。
一時的なものではなく長期的なものを望むならなおのことこれが大事です。